技術判断を経営判断で覆した東電 元課長「力抜けた」

有料記事見送られた津波対策

奥山俊宏
[PR]

第2回

 「分かりやすい言葉で言えば、力が抜けたという、そういう状況だったかと思います」

 昨年4月10日、東京地裁の刑事法廷で、東京電力原子力設備管理部の土木調査グループ元課長、高尾誠(55)はそう証言した。

 その10年前、2008年7月31日の社内会議で、検討中だった高さ15・7メートルの津波への対策を実行に移す段取りではなく、津波の想定高さの算出方法を「研究する」との方針が常務・武藤栄(さかえ)(69)の発案により決まった。土木調査グループの技術判断が経営判断で覆され、方針が変更されたのだ。

 「それまでずっと対策の計算…

この記事は有料記事です。残り969文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
見送られた津波対策 訴訟記録から浮かんだ事実

見送られた津波対策 訴訟記録から浮かんだ事実

福島第一原発事故をめぐり民事訴訟記録から浮かび上がった事実をたどった。[記事一覧へ]