【動画】炎を上げて燃える首里城=岡田将平、藤原慎一撮影
[PR]

 沖縄県警によると、31日午前2時50分ごろ、那覇市の首里城で「正殿で火災が起きている。黒煙が上がっている」と消防から110番通報があった。那覇署によると、首里城の正殿、北殿、南殿が全焼。正殿前にある御庭(うなー)に入る入り口の「奉神門(ほうしんもん)」や、南殿に隣接する「書院」にも燃え広がった。消防が最初に現場に到着した際には、正殿の向かって左手の方から炎が上がっていたという。

 那覇署や市消防局によると、火災は出火から11時間近く経った午後1時半に鎮火した。

 現地の消防によると、午前8時までに焼失したのは正殿、北殿、南殿・番所、書院・鎖之間(さすのま)、黄金御殿(くがにうどぅん)、二階御殿(にーけーうどぅん)の6棟で、計4200平方メートルがほぼ全焼した。これまでにけが人がいるという情報はないという。近隣の消防の応援も含め消防車計53台、171人が消火にあたった。

 火災に気づいたのは、首里城の警備員。警備システムのセンサーで熱反応があり、確認したところすでに正殿から火の手が上がっていたという。

 正殿には31日未明まで、開催…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら