[PR]

 南米チリのピニェラ大統領は30日、首都サンティアゴで開催を予定していた11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)と、12月の国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)の開催断念を発表した。市民による激しい抗議デモが続いているためだ。南米で初めて経済協力開発機構(OECD)に加盟し、「南米の優等生」と言われるチリで、なぜ激しいデモが続いているのか。

 アンデス山脈の盆地に広がるサ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら