[PR]

 朝の冷え込みが強まるなか、甲府盆地を朝霧が覆う幻想的な光景が見られるようになった。昼夜の気温差が大きい、晩秋から初冬にかけての風物詩だ。

 甲府地方気象台によると、前日に雨が降るなど湿度が高く、夜は晴れて放射冷却が強まると霧が出やすい。10月26日早朝には、甲府盆地の底を霧がすっぽり覆った。ビルは上部だけ見え、あとは霧の中。快晴で背景の南アルプス連峰がよく見通せた。(河合博司)