天皇陛下の即位に伴う祝賀パレード「祝賀御列の儀」が10日午後3時、皇居・宮殿を出発する。天皇、皇后両陛下がオープンカーに乗り、お住まいの赤坂御所まで約4・6キロを約30分かけて進む。先月22日に実施される予定だったが、台風19号などの被災者に配慮し、延期された。

 パレードは、皇居・宮殿を出た後、祝田橋や桜田門の交差点を通る。国会議事堂の正門前、国立国会図書館前を経て、青山通りへ。青山一丁目の交差点を曲がって、赤坂御所へ向かう。

 車列の長さは約400メートル。安倍晋三首相、菅義偉官房長官の車が先導し、秋篠宮ご夫妻の車が両陛下の車の後に続く。

 オープンカーは、トヨタの高級車「センチュリー(3代目)」を改造した。車体は全長5・34メートル、全幅1・93メートル。沿道から両陛下の姿を見えやすくするため、後部座席の座面の位置や背もたれの角度などが調整された。当日は、天皇旗がボンネットの先頭部分に掲げられ、「皇10」のナンバーが取り付けられる。内閣府が約8千万円を上限とする契約で購入した。

 パレードは、今年10月22日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら