[PR]

 東京都は親子で一緒に防災を学べる絵本をつくり、今月から配布を始めた。サンリオの人気キャラ「ハローキティ」と都の防災キャラ「防サイくん」が登場し、会話形式でわかりやすく防災情報を伝える。担当者は「読み聞かせにうってつけの絵本。楽しみながら防災への興味を持ってほしい」と話す。

 絵本のタイトルは「ハローキティのおしえて!防サイくん」。タテヨコ20センチほどのサイズで全カラーの30ページ。費用は、広報や配送費も含めて1億円。70万部を用意し、都内の子ども家庭支援センターや幼稚園、保育園など都内約5500カ所で無料配布している。

 前半部分は、主に未就学児向け。「おうちのなかをみまわしてみよう」「ひなんじょまであるいてみよう」「かぞくのルールをつくろう」など九つのテーマを設定。ハローキティのキャラと防サイくんが会話形式で、事前準備の大切さを伝える。

 飽きさせないつくりも特徴だ。…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら