[PR]

 「一票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選を「合憲」と判断した31日の広島高裁岡山支部判決。弁護士グループが各地で起こした同様の訴訟では、高松と札幌の両高裁で違憲の一歩手前の「違憲状態」判断が出ており、原告側は「理不尽だ」「一番内容の悪い判決」と批判を強め、即日上告した。

 訴えを棄却された後、原告側の弁護士は裁判所前で「ガリレオ判決」と書かれた紙を広げた。天動説が有力だった時代、地動説を唱えて有罪とされたイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイに今回の判決をたとえ、不当だと訴えた。

 7月の参院選では、議員1人あたりの有権者数が最少の福井選挙区と最多の宮城選挙区の間の格差が3・00倍。岡山選挙区との比較では2・45倍あり、裁判では倉敷市の40代男性が原告となって、岡山選挙区の選挙無効を求めた。

 一票の格差をめぐっては、公職…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース