[PR]

 プラットフォーマー(PF)と呼ばれる巨大IT企業によるモール型ネット通販やアプリストアの運営をめぐり、公正取引委員会がまとめた報告書では、出店者が様々な場面で不利な条件を押しつけられてきたとみられる実態が浮き彫りになった。公取委は、今回の報告書で業界の商慣行の改善を図りたい考えだ。

 ネット上の店舗で時計や家具などを販売する中部地方の30代男性は約2年前から、利用する国内のオンラインモール側から決済システムの変更を求められるようになった。クレジットカード払いや口座振り込みなどで利用客から直接代金をもらってきたが、モールが店舗と客の間に入って「代金の徴収を代行する」との内容だった。

 このシステムを導入すれば、利…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら