[PR]

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が23日、日本にやって来る。世界13億人の信者にとっての精神的指導者というだけではない。米国とキューバの国交回復を仲介するなど、平和外交でも存在感を示す人物だ。とはいえ、飾り気のない人柄の教皇。その言動の背景にある思想はどのようなものか。

 フランシスコはアルゼンチン出身。歴代教皇のほとんどが欧州出身であるなか、初の南米出身だ。2013年に法王に選ばれるまで、首都ブエノスアイレスの小さなアパートに住み、自炊していた。清貧な生き方の実践者だ。バスでスラム街を訪ねては、貧しい人々の相談を受けるなどしていた。

 著書『教皇フランシスコ』がある森一弘名誉司教は「彼がアルゼンチン時代に培ったのは『あわれみの神』という、神の捉え方です」と語る。いのちを与えた人間が痛ましい状態になっていることに、神自身が痛みを感じている――。それが彼の行動を支える根拠という。聖書で「あわれみ」と訳される言葉のもとはギリシャ語の「スプランクニゾマイ」で、はらわたが打ち震えるといった意味。神はいわば断腸の思いでいるというのだ。

 フランシスコは15年に発表し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら