[PR]

 2020年東京五輪のマラソン・競歩をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)が発表した札幌開催案について、国や東京都、大会組織委員会、IOCによる1日の4者協議で、札幌開催で決定する見通しであることが31日、関係者への取材でわかった。都の関係者は朝日新聞の取材に「大会成功のための方法を選ばざるを得ないだろう。同意ではなく、苦渋の決断になる」と語った。小池百合子・都知事は東京開催を主張してきたが、大会関係者によると、IOCなどは札幌開催の場合、都には費用を負担させないことなどを提案している。

【動画】東京五輪のマラソンと競歩、突如の札幌開催案。山積みの課題とは?