[PR]

 トランプ米大統領をめぐるウクライナ疑惑で、弾劾(だんがい)調査を進めている米下院は10月31日、今後の調査の手続きなどを盛り込んだ決議案を賛成多数で可決した。下院が弾劾調査を9月に開始してから関連決議案を採決したのは初めて。下院は野党・民主党が過半数を占めており、決議可決で同党が推し進める弾劾に向けた動きが勢いを増しそうだ。

 採決結果は賛成232、反対196。民主党から2人が造反して反対に回った。一方、与党・共和党では造反はなかった。共和党はトランプ氏を擁護するために団結を示した形だ。

 決議は、弾劾調査を進めている下院の情報委員会に対し、公聴会を開いたり、弾劾訴追を検討するために必要な報告書を作成したりする権限を与える内容になっている。これまで原則非公開で行われていた下院の弾劾調査の公開も可能になる。

 可決後、トランプ氏は「米国史上、最大の魔女狩りだ!」とツイッターに投稿し、猛反発した。

 大統領を弾劾するためには下院議員の過半数が訴追に賛成する必要がある。上院は訴追を受けて弾劾裁判を開くが、大統領を罷免(ひめん)するには出席議員の3分の2が賛成しなければならない。上院は共和党が過半数を占めているため、下院で訴追が決まっても、上院でトランプ氏の罷免が決まることはない見通しだ。(ワシントン=渡辺丘)