[PR]

 もう「きたない」なんて言わせない――。10月4日に開幕する体操の世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)で、日本男子は伝統の「美しい体操」を世界に再アピールする。昨年の世界選手権で中国、ロシアに敗れ、基本から見直した成果を見せるときだ。

 「細かい部分まで意識して取り組んできた。選手の意識も高まっています」。男子団体予選を1週間後に控えた9月30日、水鳥寿思・強化本部長は言った。

 演技の出来栄え、美しさを示す「Eスコア」で中国、ロシアとの差を見せつけられたのは1年前。倒立の角度や、着地の際の姿勢や小さな1歩の踏み出しなど、細かな部分で減点された日本は3位に沈んだ。

 2016年リオデジャネイロ五輪で金メダル。来年の東京五輪で連覇を目指すはずが、「日本は『きたない』『技ができていない』というイメージが世界の審判についてしまった部分がある」と日本体操協会の高橋孝徳・審判本部長は言う。

■基本練習のおろそ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら