[PR]

 終戦直後に旧満州(中国東北部)から引き揚げる日本人を描いた中国人画家の王希奇(ワンシーチー)さんの作品展「一九四六」が、仙台市青葉区の宮城県美術館で開かれている。縦3メートル、横20メートルの大作。500人以上の引き揚げ者の様子が重々しい色調で描かれ、その迫力に圧倒される。6日まで。

 王さんは、引き揚げ者の出発港となった葫蘆島(ころとう)に隣接する遼寧省錦州市の出身。葫蘆島からは1946~48年に105万1047人が引き揚げた。

 王さんは、母親の骨箱を抱えた子どもらの写真をネット上で偶然見つけ、それが制作のきっかけとなった。東京や、引き揚げ船が到着した京都・舞鶴で展示された。

 王さんは取材に、「絵を通して…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら