[PR]

 プロ野球ヤクルトの新監督に就任した高津臣吾氏(50)が1日、東京都内で記者会見した。最下位に沈んだチームは今季、防御率4・78、失点739、被本塁打168と、いずれも12球団ワーストを記録。「何とかスワローズの投手を再建して、もう一度新しく、すばらしい投手陣をつくりたい」と強調した。3年契約で、年俸は8千万円(金額は推定)。

 現役時代は、右横手からのシンカーを武器に、抑えとして日米通算313セーブを挙げて4度の最優秀救援投手を獲得。大リーグのホワイトソックスなど、韓国、台湾を含めて四つのプロ野球界でプレーした。14年からヤクルトの1軍投手コーチ、17年からは2軍監督を務めていた。

 昨季2位だったチームは、今季5、6月にリーグ最多記録に並ぶ16連敗を喫した。「これだけ負けたので、(選手は)ぜひ来年に生かしてほしい。2軍では育てることを中心にやってきたが、これからは1軍で使う以上は勝つことを第一に、その次に選手を育てることを重要視したい」と語った。

こんなニュースも