[PR]

 北村誠吾地方創生相は1日午前の閣議後会見で、台風15号による被害が出ている中、台風を例えに用いて地方創生を語った自身の発言について、「被災者の感情を逆なでしているとすれば私の思い至らざるところ。その辺については、申し訳なかったなという深い反省の気持ちはある」と述べた。

 北村氏は台風を用いた発言の意図について、「状況をよりわかりやすく説明し、理解を深めるため」と説明した。

 北村氏は9月27日、報道各社のインタビューで「(地方創生は)この前の風台風(かぜたいふう)で無残にもひっくり返るような根の張り方ではない」などと語った。