原発前に「要塞」、男はMと呼ばれた 関電関係者が車列

有料会員記事

[PR]

 関電幹部ら20人が福井県高浜町元助役(故人)から計3億2千万円分もの金品を受け取っていた問題で、関電は2日に再び記者会見を開く。不透明な金品の背景に何があるのか。

     ◇

 日本海に臨む福井県高浜町に、高浜原発へと向かう一本道がある。関西電力の作業員らを乗せたバスも通るこの道を進むと、木々に囲まれた縦横50メートルほどの広さの屋敷が現れる。

 「原発前に鎮座する要塞(ようさい)」。住民がそう呼ぶ屋敷は、3月に90歳で亡くなった町の元助役、森山栄治氏の自宅だ。正月には、あいさつに訪れた関電関係者の車がずらり並んだという。

 森山氏は京都府内の自治体職…

この記事は有料会員記事です。残り1804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。