[PR]

 来春に就職予定の学生の内定式が1日、多くの企業で開かれた。

 海外用Wi―Fiレンタルを手がけるエクスコムグローバル(東京都渋谷区)では、「虹色の内定式」と題して、性別や国籍などに対する無意識の偏見に気づき、多様性への理解を深める研修があった。

 36人の内定者と内定者に扮した4人が、LGBTや障害者について、社会にどのようなイメージや無意識の偏見があるか、より多様性が尊重される社会にするために何ができるか、などについて話し合った。

 研修の途中、LGBTへの理解を広める研修や採用支援を手がけるJob(ジョブ)Rainbow(レインボー)(同区)の代表で、講師を務めた星賢人さんが「日本でLGBTは約11人に1人いると言われている。皆さんのすぐ隣にもいるかもしれない」と話し、内定者に扮した当事者が4人いることを明かした。

 そのうちの1人で、男性として…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら