[PR]

 深刻な経営難にあえぐJR北海道が1日、中古車両の部品30点をインターネットで初めて売り出したところ、10分で完売した。JR北は「元手がかからない収入源」と位置づけ、第2弾、第3弾を計画している。

 JR北は午前10時、関連会社「北海道キヨスク」の通販サイト「北の特急便(https://www.e-hkiosk.jp/shopbrand/0003別ウインドウで開きます)」に、国鉄型気動車「キハ40形」「キハ183系」、除雪用ディーゼル機関車「DE15形」の銘板や号車札さしなど計30品を出品。6千円台~12万円台の価格設定にした。

 北の大地を走り抜けた車両の部品は、鉄道ファンにとっては「お宝」。開始10分足らずですべて売り切れてしまった。売上額は総額56万3200円だった。

 JR北の2018年度決算は、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら