3歳の娘殺害容疑、両親逮捕 「借金で生活困難になり」

多田晃子、佐藤瑞季
[PR]

 千葉県館山市正木の家屋で1日未明、女児(3)の遺体が見つかり、県警は同日、父親で警備員羽山和宏(51)と母親の無職有布子(40)の両容疑者=同県君津市杢師1丁目=を殺人容疑で逮捕し、発表した。2人は容疑を認め、「借金で生活が困難になり殺害した」と供述しているという。県警は無理心中を図ろうとしたとみて調べている。

 県警によると、2人は1日午前1時~1時半ごろ、家屋内で次女有依ちゃんの首を絞めるなどして殺害した疑いがある。県警は3日に司法解剖し、死因などを調べる。

 和宏容疑者が両手で首を絞めるなどし、有布子容疑者は両足を押さえつけるなどした、と容疑者らは説明。その後、2人も死ぬつもりだったができなかったといい、午前3時過ぎに和宏容疑者が公衆電話から「娘の首を絞めて殺してしまった」と館山署に通報した。

 駆けつけた署員が、服を着た状態で和室に仰向けで倒れている有依ちゃんを発見したという。顔から腹にタオルがかけられた状態で、現場で死亡が確認された。この家は和宏容疑者の実家で、普段は空き家だった。(多田晃子、佐藤瑞季)