[PR]

 1日に開かれた全日本テコンドー協会と選手らとの協議会後、同協会の金原昇会長は記者会見に応じた。主な一問一答は次の通り。

 ――協議会の感想は

 「非常に有意義な議論だった。選手の要望を真摯(しんし)に受け止め、意見を十分取り入れ、8日の理事会で審議していきたい」

 ――紛糾した理由は

 「紛糾というより、選手と強化委員会の信頼関係が少し損なわれたということ。(小池隆仁)強化委員長は彼なりに選手と距離をおいてやりたいと話すが、選手はもっと寄ってきてほしいということだと思う」

 ――小池強化委員長をどう評価しているか

 「まっすぐに一生懸命にやっているが、選手からの要望を聞き入れることができていないので、十分聞き入れてほしい。細かいことは言わず、全体をみて選手のための利益を考えるタイプだ。技術的なことは(コーチを含めた)チームとして考えてやっている」

 ――岡本依子副会長が記者会見で、「理事会の解散も」と発言していた

【動画】全日本テコンドー協会が開いた選手らとの協議会終了後、関係者が取材に応じた

 「(協会運営を)真剣に考えて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら