[PR]

 中国の建国70周年を祝う国慶節の1日、香港では中国と香港の両政府に対する大規模な抗議デモが10カ所以上で行われ、デモ隊と警察が激しく衝突した。香港警察は、現場の警察官が実弾1発を発砲し、18歳の男性の左肩付近を撃ったと発表した。香港メディアによると、男性は高校2年生で重体という。一連の抗議デモで参加者が実弾で撃たれたのは初めてとみられる。

 警察は8月以降、威嚇射撃で実弾を使うケースが続いていたが、デモ隊が負傷した例は確認されていない。警察が実弾を発砲したとする動画を大学の学生会が公開。ネット上で広く出回っており、警察に対するデモ隊や市民の怒りが一気に増幅する可能性がある。

 男子高校生が撃たれたのは、九竜半島・荃湾(ツェンワン)の路上。動画によると、複数の警察官とデモ隊が乱闘になった後、警察官が至近距離から発砲。撃たれた男子高校生はそのまま後ろ向きに倒れ、道路に横たわった。警察官の呼びかけにも反応しなかった。

 香港警察は、病院へ搬送される際、男子高校生は意識があったとしたうえで、自衛のための発砲だったと釈明している。香港政府によると、1日夜時点で、衝突に伴って66人が負傷し、うち2人が重体だという。

 香港各地ではこの日、道路を占拠したデモ隊に向けて警察が大量の催涙弾を使って強制排除を進めた。デモ隊は火炎瓶を投げつけるなどして応戦。衝突は6月に抗議デモが拡大して以降、最大級の激しさとなった。

 香港警察は、「暴徒のあらゆる暴力的な行為に対し、最大級の非難を表明する」とのメッセージを出した。

 1日、北京では建国70周年を祝う式典と軍事パレードが盛大に開かれ、習近平(シーチンピン)国家主席が演説。香港について「一国二制度の方針を堅持し、長期の繁栄と安定を維持する」と訴えていた。(香港=益満雄一郎、宮嶋加菜子)

【動画】中国の国慶節に合わせ香港でデモ 男子学生が撃たれた現場=宮嶋加菜子撮影