[PR]

 厚生労働省が発表した8月の有効求人倍率(季節調整値)は前月と同じ1.59倍だった。有効求人倍率の水準は約45年ぶりの高さで、雇用は好調さが続いているようにみえる。ただ、統計を細かくみていくと、小さな異変も出始めている。

 雇用の先行指標とされる新規求人数(原数値)は8月、前年同月比5.9%減だった。産業別でみると、製造業は15.9%減で、今年2月から7カ月連続でマイナスとなった。

 厚労省によると、前年よりもハ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら