日本は紅白のオールブラックス? 海外メディアなぜ評価

有料記事

2011 15年W杯日本代表プロップ
[PR]

畠山健介の目

 アイルランド戦の日本を、海外メディアが「紅白のジャージーを着たオールブラックス」と表現していた。世界一のチームに例えられたことは誇らしい。

 そのアイルランド戦の勝因はFWの頑張りに尽きる。セットプレーは対等以上。組織防御も機能していた。前3人(プロップ、フッカー)と両ロックの運動量は群を抜いていた。

 日本のタックル成功率は93…

この記事は有料記事です。残り611文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません