[PR]

 夫婦同姓を定めた民法の規定は「法の下の平等」を保障した憲法に違反するとして、事実婚の夫婦ら3人がそれぞれ50万円の国家賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は2日、原告の請求を棄却した。

 大嶋洋志裁判長は「結婚後も仕事を続ける女性が増え、姓が家族の一体感につながるとは考えていない人の割合が増えつつある」と夫婦別姓を巡る社会情勢の変化を指摘。ただ、規定を合憲とした2015年の最高裁判決の当時と比べて「その判例を変更するほどの変化があるとは言えない」と述べ、「国会の立法政策として考慮されるべき事柄だ」と指摘した。

 原告は大学教授で「論文を発表…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら