[PR]

 安倍晋三首相は2日、首相官邸で南太平洋サモアのツイラエパ首相と会談した。ラグビー・ワールドカップ(W杯)で両国の代表チームが5日に対戦するのを前に、両首相は代表のジャージーを交換した。

 安倍首相は共同記者発表の最後でW杯に触れた。サモアを「過去の大会でベスト8に進出した経験を有する強豪」と持ち上げつつ、「日本代表も波にのっており、素晴らしい試合となることを確信している」と話した。ツイラエパ氏は「日本は非常に健闘している。今週末の試合に多く期待を寄せている」と応じた。

 一方、2日朝には北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射。安倍首相は記者発表で「強く非難する」と述べた。両首脳は北朝鮮の完全な非核化に向けて緊密に連携することで一致したという。