[PR]

 あの「伝説」が、島に帰ってきた。旧小学校の一室に、年季の入ったバイクが1台。これにまたがり、CGで再現された島内を疾走するレーシングゲームだ。

 急な坂道と細い路地が入り組む島は、原付きバイクが足代わり。そこに目をつけた作家が島民から愛車を借り受け、前回2016年の芸術祭に出展した。

 玄関口の真浦港を出発し、島の民謡をBGMに8分以内で一周をめざす。立ちはだかるのは、家がせり出してくるような細道やヘアピンカーブ。写真をもとにしたCGは、実際の風景に細部まで忠実だ。記者も挑戦したが、クラッシュに次ぐクラッシュで華麗なドリフトは決められず。完走もできなかった。

 校庭を出ると、1台のバイクがうなりを上げて去っていった。ゲームをした後だと、その光景に親しみが増す。みなさん、どうかご安全に。(尾崎希海)

     ◇

 〈会場へのアクセス〉 観音寺港から真浦港へ高速船で約25分。作品は港から坂道を北へ徒歩約5分、旧伊吹小学校内。