[PR]

 静岡市葵区の駿府城公園で、来園の記念となる「御城印」の販売が始まった。初日の1日には発売前から並ぶ人も出て好評という。

 御城印の下地には徳川家康の家紋「三つ葉葵」があしらわれ、「駿府城」「登城記念 日本百名城」などと印刷されている。同公園を管理する共同事業体が制作した。

 地場技術を使った突板(つきいた)と和紙の2種類。突板は木を薄く削りだした板で、高級家具などに使われており、静岡市発祥とされる。各500枚制作した。

 和紙の御城印は300円、突板は500円。午前9時~午後4時、同公園の3カ所ある窓口で販売している。(堀之内健史)