[PR]

スポーツのミカタ

 元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大助さんが、第51回全日本大学駅伝(11月3日、日本学生陸上競技連合、朝日新聞社など主催)への出場報告のため朝日新聞名古屋本社を訪れた愛知工業大の選手に同伴し、駅伝への思いを語った。

 内藤さんは大会に特別協賛する長谷工グループの元社員だった縁で参加。駅伝経験はないというが、「ボクサーにとって走ることはもう絶対(必要)なんです。走らないで強い選手、誰もいない。それがあったから12ラウンド戦えた」。

 現役時代、ジムのトレーナーが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら