[PR]

 北朝鮮は2日午前7時11分ごろ、東部の江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)沖の日本海上から弾道ミサイルを発射した。日本政府によると、島根県隠岐諸島・島後沖の北350キロ付近で、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる。韓国政府は中距離弾道ミサイル「北極星」系列と推定し、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)だった可能性を指摘した。

 SLBMの発射なら2016年以来。地上発射型に比べて兆候がつかみにくい特徴がある。北朝鮮は1日、停滞していた米朝実務者協議を5日に開くと表明しており、自国が求める制裁解除について、発射によって米国に譲歩を迫る狙いだという見方が出ている。

 韓国軍は、今回のミサイルの最…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら