[PR]

 毎週日曜日の夕方に放送中の国民的人気テレビアニメ「サザエさん」のオープニングに、6日から名古屋城(名古屋市)や豊川稲荷(豊川市)など、愛知県内の観光地が登場する。愛知の紹介は2005年以来、14年ぶりといい、10月からの「秋編」と来年1月からの「冬編」で半年間放映される。

 県がJR東海などと行っている観光キャンペーンの一環で、大村秀章知事が2日の記者会見で発表した。サザエさんのオープニングでは、各都道府県の観光名所や名産品などが紹介されており、今回の秋編では紅葉が有名な香嵐渓(豊田市)や南知多ビーチランド(美浜町)、やきもの散歩道(常滑市)など11カ所が登場する。

 冬編は内容が変わるといい、大村氏は「(秋編と冬編の)二つで20カ所以上になり楽しみ。愛知に足を運んでもらうきっかけになればありがたい」と話した。(岩尾真宏)