[PR]

 関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題で、原子力規制委員会の更田豊志委員長は2日、事実関係が十分明らかになった段階で、関電の経営層から直接、組織運営や改善に向けた取り組みについて確認する意向を示した。

 更田委員長は定例会見で、今回の問題について「東京電力福島第一原発事故後、関係者が信頼回復に向けて努力しているなか、情けないというか憤りを感じた」と述べた。そのうえで「(関電が)組織として健全ではないのは明らか」と指摘し、経営層から話を聞く考えを示した。現時点で原子炉等規制法に基づいて何らかの対応をとることは否定した。

 また、関電の役員らが金品を元助役に返そうとしてきたと説明していることに触れ、「個人で限界があれば、会社に報告して組織として動くべきだ。短い期間ならともかく、長期間、手をこまねいていたのも考えにくい」と対応を疑問視。「(原発の)安全確保に携わる社員や協力会社の士気が心配だ。士気を落とさず、安全の確保にあたってほしい」と話した。(福地慶太郎