[PR]

 国連の気候行動サミットに出席した小泉進次郎環境相から飛び出した「気候変動問題に取り組むことはセクシー」という発言。国内外で環境問題に取り組む若い世代の環境アクティビストは、彼の行動をどう見たのでしょうか。サミットに合わせ、ニューヨークを訪問中の清水イアンさん(27)に聞きました。

     ◇

 ニューヨークでは、若者たちの大規模なデモや多くの国際会議が行われました。僕も世界中から集まった環境の活動家、ジャーナリストと意見交換をしたいと思い、ニューヨークに来たのです。

論の芽 特集ページ
記事を読んでの感想や、「何だかもやもやする」という意見をぜひお寄せください。胸の奥の思いを言葉にして多様な意見が飛び交う言論空間をつくりませんか。

 気候は、生活の基本条件です。だからそれが変動すれば、生活のすべてが不安定化してしまう。さらに温暖化による海面上昇で水没危機に直面する国々にとっては、気候変動対策は「生存」をかけた闘いでもあります。だから、具体策が求められる国連の場では、各国のリーダーは温室効果ガス排出削減の数値目標や明確な政策を表明していました。

 そんななか、石炭火力発電の利用を減らさず責任が重いと見なされている日本の環境大臣から出たのが、「セクシー発言」でした。

 僕は英語が母語の一つなので、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら