[PR]

それぞれの最終楽章・団地で支える(4)

ぐるんとびー社長 菅原健介さん

 どんな病気があっても地域で暮らし続ける道はある、ということを教えてくださった方をご紹介します。

 神経性の難病「大脳皮質基底核変性症」だった岡本四郎さん(享年83)は、認知症の奥さま、独身の息子さんと一緒に、「ぐるんとびー」がある団地近くに住んでいました。岡本さんは失語症や認知症などの症状があり、結婚した娘さんも度々来られていました。

 とにかく外に出たがり、何時間でも歩く。家族の制止をふりきって出て行き、何時間も戻らない。家族が付き添って、「帰ろう」といっても、帰らない。元々は穏やかな性格だった方なのですが……。

 デイサービスにいても、じっとしていられず、どんどん出て行ってしまいます。訪問介護で入っても、突然自宅を出て行きます。そこで在宅医の先生が、小規模多機能型の「ぐるんとびー」につないでくれたのです。

■家族だけの介護、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら