ウーバー配達員が労組結成 治療費や距離算定の改善を

有料記事

吉田貴司 村井七緒子 藤えりか
[PR]

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズが日本で展開する飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」の配達員が3日、労働組合を結成した。配達員はウーバーとは雇用関係になく、個人事業主という立場のため、不安定な労働環境に置かれている。今後、団体交渉を通じて待遇改善を求めるという。

 東京都内であった「ウーバーイーツユニオン」の結成大会には、首都圏などで働く配達員17人が集まり、加入書類にサインをした。前葉富雄執行委員長(29)は記者会見で「加入者がもっと少ないかもしれないと思ったのでうれしい。配達員とウーバーが話し合う場がないので、そこをしっかりできたらいい」と語った。

 個人事業主でも、プロ野球選手でつくる「日本プロ野球選手会」のように、法律上は労組を結成できる。労組結成の準備は6月から始め、ホームページの作成や海外の働き手についての勉強会を重ねてきた。

 ウーバーイーツを運営する日…

この記事は有料記事です。残り1948文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント