[PR]

ラグビー トリビア

 ラグビー高校日本代表で故・平尾誠二さんと一緒にプレーし、早稲田大学ではいぶし銀のフランカーとして活躍した恵藤公浩記者(57)。早大の司令塔、スタンドオフ(SO)として巧みなパスと左足のキックを操り、1986年度の全国大学選手権決勝にも出場した森田博志記者(55)。かつて臙脂(えんじ)と黒のジャージーを着て世間を沸かせた2人の記者が、ラグビーのルールや魅力を緩く、深く読み解きます。

 日本代表のスクラムハーフ(SH)流大と田中史朗はともに身長166センチと小柄だが、激しいタックルをいとわない。時には、身長190センチを超える大男たちにはじき飛ばされる。それでも、逃げずにひたむきに向かっていく。

 日本代表の名バックスだった森重隆・日本協会会長はラグビーの魅力をこう語る。「タックルは怖い。でも、後ろに仲間がいると思うと、自分が行かなければならない。ラグビーの根本的な部分で、そこをラグビーから教わった」

 「品位」「情熱」「結束」「規律」「尊重」。W杯の会場でも見られるラグビー憲章にうたわれる五つのキーワードのうち、タックルは「結束」や「尊重」にもつながる大切な要素だ。

 バックスの選手はスクラムやラインアウトの起点から翼を広げるように並んでいるため、一発のタックルで仕留めれば目立つが、逆に抜かれると一気にピンチを招く。責任は重い。

 タックルで大切なのは「間合い」と言われる。ボールを持っている攻撃側が有利に思えるが、自分がタックルに入りやすい位置にすーっと動いて、相手側へ踏み込んで倒す。タックルの名手は「気持ち」はもちろん、自分が得意な「間」を作れる技術を持っている。

 「タッチラインは16人目の味…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら