[PR]

 福山市の鞆(とも)の浦(鞆町)を舞台に現代アートを展示する「鞆の浦 de ART 2019」が20日まで開かれている。町家や蔵が残る港町・鞆地区を歩く中で、作品に出会える。

 今年で8回目。地元有志らがつくる実行委員会が主催。市内外の24の個人・団体が23カ所に彫刻や写真などを出展した。展示場所はピンク色の旗が目印だ。

 瀬戸内海を望む高台の鞆城跡(福山市鞆の浦歴史民俗資料館前)には「この海に放つ抵抗のオブジェクト」と題した佐藤徹さんの作品がある。来訪者は「抵抗」に思い当たることを書いて貼れる。「加油香港!!」(頑張って香港)といった書き込みもあった。

 嘉納千紗子さんの「INNER…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら