[PR]

 人気漫画「名探偵コナン」の作者青山剛昌さんの出身地・北栄町内の郵便局で3日から、同作のメインキャラクター「江戸川コナン」をあしらった風景印の使用が始まった。

 制作したのは中北条、北条、由良、大栄瀬戸郵便局の4カ所。デザインは郵便局ごとに異なり、コナンと町の特産であるらっきょう、ぶどう、スイカ、長いもがそれぞれに描かれている。全国各地のコナンファンから、「コナンの風景印がありますか」という問い合わせが何度もあったことが制作のきっかけになったという。

 この日、同町役場では使用開始を記念する式典が行われた。松本昭夫町長は「郵便物は全国、そして海外にも届く。北栄町の魅力がますます広がるきっかけになってほしい」。青山さんの両親・青山泰陸さん(86)、美智子さん(81)も出席し、「ファン以上に私たちもうれしい」と喜びを見せた。

 風景印は、各郵便局の窓口で希望する人に対して押印される。このほか、郵送で押印を依頼する「郵頼(ゆうらい)」という方法で申し込むこともできる。(矢田文)