写真・図版

[PR]

 酒を飲むことが習慣になり、自分では飲み方をコントロールできなくなるアルコール依存症。酒を断つのが理想だが、いきなりは難しい。そんな中、酒量を減らす「減酒」から始める治療法が広がりつつある。3月には国内で初めて減酒を助ける薬も登場した。

 埼玉県の会社員男性(56)は昨年9月、同僚と酒を飲みに行った。帰宅後もう少し飲みたくなり、焼酎を何杯も飲んだ。翌朝、目が覚めると気持ちが悪くて会社を休んだ。だが、再び酒に手が伸びた。飲んでは寝てをくり返し、3日間会社を休んだ。

 翌日、外出中に汗がとまらなくなり、「自分はダメ人間だ」と思った。アルコール依存症だと思い、「さくらの木クリニック秋葉原」(東京都千代田区)を受診し、倉持穣院長からアルコール依存症との診断を受けた。

 アルコール依存症は大量に酒を飲むのがくせになり脳の機能が変わり、飲み方がコントロールできなくなる病気だ。徐々に進行し、記憶障害が起きることもある。発汗や不安も症状の一つ。男性は断酒を勧められたが、いきなりやめるのは難しく、摂取量や頻度を記録して減らすことから始めた。

 そんな中、今年3月に酒量を減…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら