[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、国防科学院が2日午前、東部・江原道(カンウォンド)の元山(ウォンサン)湾で新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」型の発射実験を行い、成功したと報じた。同日、島根県隠岐諸島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した弾道ミサイルを指すとみられる。

 同通信は発射は「高角発射方式」で行われたと伝えた。通常よりも角度を高くして発射するロフテッド軌道で、日本列島に落下しないよう飛行距離を意図的に短くしようとしたか、着弾間際の速度を速くして迎撃されにくくする狙いがあったとみられる。韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルの最高高度は約910キロで、発射地点から約450キロ先に落下した。

 また、同通信は、発射成功の報告を受けた金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が「熱烈な祝賀の言葉」を送ったと伝え、「外部勢力の脅威を抑制し、自衛的軍事力を一層強化することに新たな局面を開く重大な成果を得た」と意義づけた。

 これに対し、国連安全保障理事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら