[PR]

 関西電力幹部らによる多額の金品受領問題で、福井県高浜町議会は3日、臨時の原子力対策特別委員会を開き、関電高浜原発の木島和夫所長らを呼び、2日に公表された報告書の説明を受けた。質疑では「幹部の減給処分は軽い。辞めるべきだ」などの厳しい意見が相次いだ。

 特別委の松岡茂和委員長が「町のイメージが失墜した。町民は動揺し、不安を抱いており、様々な影響が出ている。関電は状況を説明してほしい」とあいさつ。関電側は「(金品を渡した高浜町元助役の森山栄治氏の対応に)家族を含めて身の危険を感じた人もいた」「取締役会に諮らず公表しなかったのは、ガバナンスが不足していた」などと説明した。

 議員からは「社員には(日頃の業務で)追い込みをかけているのに、幹部が私腹を肥やしていた。関電の金がぐるりと回って幹部に入っている。とんでもないことだ。この人たちは当然辞めるべきだ」「第三者委員会による再調査は昔にさかのぼってやってほしい」などの意見が出た。(菱山出)