[PR]

 第19回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(愛媛県今治市、広島県尾道市、日本ウオーキング協会、朝日新聞社主催)は4日開幕する。3日は参加者が受け付け会場の今治市民会館(今治市別宮町1丁目)を訪れ、前日受け付けを済ませていた。

 手続きを終えた参加者たちはゼッケンに名前や住所、大会への思いなどを書き込んでいた。初めて参加する名古屋市の中島ナナさん(57)は、中央会場のどんどび芝っち広場(今治市常盤町4丁目)から尾道会場のJR尾道駅前まで80キロを3日間で歩くコースに挑む。「景色を楽しみ、尾道の街も回ってみたい」

 6日までの3日間で計16コースを用意し、一部を除き出発時間の30分後まで当日参加を受け付ける。1日間の参加費は大人千円、高校生以下500円。今治、尾道両市と上島町在住の中学生以下は無料。

 開催や中止の情報は6日正午まで24時間対応のダイヤル案内(0180・99・3330)で確認できる。問い合わせは大会本部(0898・36・1653)へ。詳細は大会ホームページ(http://www.shimanami3dm.jp/別ウインドウで開きます)で。(柳川迅)