[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は、全国で1万3千人のボランティアに支えられている。5日に日本―サモア戦がある豊田スタジアム(愛知県豊田市)など、各会場で目立つのは中高年のボランティアたち。青春時代、テレビドラマ「スクール☆ウォーズ」をきっかけにラグビー人気が高まった世代だ。

 「高齢夫婦に若者、子連れの方と様々な人が行列をつくって会場へ向かっている。本当に素敵な光景でいいなあ、と感動しました」

 三重県桑名市の森岡剛洋さん(46)はしみじみと語る。大会組織委員会が豊田会場で採用した900人のボランティアの1人で、スタジアム近くの歩道に計7時間ほど立って案内をしている。

 高校時代はラグビー部で、同学年は30人余りいた。当時、テレビで「スクール☆ウォーズ」が再放送されていた。弱小高校のラグビー部が、山下真司さん演じる熱血教師の指導で強豪に成長する軌跡を描いた1980年代の青春ドラマ。故・平尾誠二さんらを輩出した京都・伏見工業高(現・京都工学院高)がモデルだ。

 だがその後、ラグビーの人気は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら