[PR]

 奄美大島の林道沿いで9月下旬、国の天然記念物アマミトゲネズミが猫に食べられている様子を、県自然保護推進員の山室一樹さん(58)=大和村=が撮影した。同島では山中の猫が希少動物を襲う被害が問題化しており、山室さんは「被害の実態を知ってほしい」と訴える。

 山室さんによると、現場は世界自然遺産の候補地になっている湯湾岳(694メートル)周辺の宇検村の林道。

 9月26日朝、希少種などの調査で付近を通りかかると、何かを食べている5匹の猫を発見した。近づくと猫は逃げたが、残された死体を確認したところ、皮と毛だけになったアマミトゲネズミだった。猫は親1匹と子猫4匹だったとみられるという。

 同島の山中では、野生化した猫…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら