[PR]

 米マイクロソフト(MS)が2日、折りたたみ式の2画面のスマートフォン「サーフェス・デュオ」を来年末に発売すると公表した。ライバル社は一つのディスプレーを折り曲げる構造としたのに対し、MSの新製品は最初から画面が二つに分かれている。今後実用化される次世代の高速移動通信方式「5G」時代には、「2画面」のスマホが主流になっていくのか。

 「我々には、だれもがより創造的に、どこにいても使えるサーフェス機器がある」。2日にあったデュオの発表会で、MSのサティア・ナデラ最高経営責任者は、自社の幅広い製品ラインアップに満足げだった。

 デュオは、5・6インチの画面を二つ備え、広げると8・3インチの大画面となる。MSはスマホ事業から2017年に撤退していたが、この「2画面」の端末で来年、再参入する。

 「折りたたむと、2画面になる」端末は最新スマホのトレンドだ。

 携帯世界最大手の韓国・サムスン電子は今年2月、折りたたみ式の「ギャラクシー・フォールド」を発表。中国・華為技術(ファーウェイ)も2月、同じく折りたたみ式の「Mate X(メイト・エックス)」を打ち出した。

 ただ、両社は折れ曲がるディス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら