[PR]

 駄菓子と一緒にお酒はいかが――。青森県八戸市の八戸酒類(橋本八右衛門社長)は、80年以上続く人気の駄菓子「都こんぶ」に合う新商品「八鶴 都こんぶに合う日本酒」を開発し、発売した。

 日本酒を飲む人が減っている中で、どんな形であれ日本酒を口にしてほしいとの願いから開発が始まり、都こんぶを製造している中野物産(大阪)とのコラボレーションで商品開発が実現。駄菓子に合う日本酒を開発する企画の一環で、このほか「でん六豆」「チロルチョコミルク」などに合う日本酒を、全国の蔵元がそれぞれ開発した。

 すっぱい都こんぶに合う日本酒とは。すっきりか、さらに強い酸っぱさか、味の方向性を決めるだけで半年以上がかかった。6、7種類の試作品を作って吟味し、最終的に選んだのは、透明感のあるあっさり味だった。

 都こんぶの独特の味わいと調和…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら