[PR]

 東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が虐待死したとされる事件で、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)の裁判員裁判が3日、東京地裁であった。検察側の証人として母親の優里(ゆり)被告(27)が出廷し、雄大被告が虐待をした理由について「しつけの歯止めがきかなくなったと思う」と証言。結愛ちゃんの生活態度への注意が虐待にエスカレートした経緯を語った。

 優里被告は9月17日に懲役8年の判決を受け、控訴している。優里被告は刑務官に抱き抱えられ、泣きながら入廷。雄大被告の姿を目にすることがないようついたてが用意されていたが、雄大被告に背を向けたまま尋問が始まった。

 「よくスキンシップをとってくれ、結愛もなついていた」。優里被告が結愛ちゃんを連れて雄大被告と結婚したのは2016年4月。当時の家庭状況について話し始めると、雄大被告は下を向いて頭を抱え、ハンカチで顔を覆った。

 雄大被告は当初、「歯を磨いて」などと結愛ちゃんに注意する程度だったが、やがて注意にかける時間が30分、1時間と増えていったという。しつけが虐待にエスカレートしたという話を聞くと、大粒の涙を流す場面もあった。

 約5カ月後、結愛ちゃんの弟が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら