[PR]

 北朝鮮が2日に打ち上げた弾道ミサイルをめぐり、朝鮮中央通信は3日、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」型の発射実験を行い、成功したと報じた。国連のグテーレス事務総長は安全保障理事会決議の違反を指摘し、「極めて深い憂慮」を示したが、安保理は対応を協議しないままに2日の日程を終えた。

 朝鮮中央通信によると、ミサイルは北朝鮮の国防科学院が2日午前、東部・江原道(カンウォンド)の元山(ウォンサン)湾で発射した。発射は通常よりも角度を高くして発射するロフテッド軌道で、日本列島に落下しないよう飛行距離を意図的に短くしようとしたか、着弾間際の速度を速くして迎撃されにくくする狙いがあったとみられる。

 同通信は、今回の弾道ミサイル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら