[PR]

 茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(48)とパート従業員で妻の美和さん(50)が殺害された事件で、重軽傷を負った長男と次女が「犯人に『降りろ』と指示されてベッドから降りた」と話していることが3日、捜査関係者への取材でわかった。県警は犯人像など当時の状況を詳しく調べている。

 県警によると、中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)は、夫婦が殺害された2階の寝室から廊下を挟んだ子ども部屋で寝ていたところを襲われた。捜査関係者によると、2人が寝ていたベッドは、机の上にベッドがついたタイプの家具だったことがわかった。犯人はそこに寝ていた2人に声をかけ、「降りろ」などと指示。その後、長男が両足のひざの上付近や腕を複数箇所切られ、次女は催涙スプレーのようなものを両手にかけられたとみられる。2人は「犯人はサイレンの音が聞こえてきたら、いなくなった」とも話しているという。

 これまで2人は「帽子とマスク…

この記事は有料会員記事です。残り267文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。