静岡)リニアの乗り心地は「意外と普通…」 記者が試乗

有料記事

増山祐史
【動画】時速500kmでコップの水は リニアの報道向け乗車会=増山祐史撮影
[PR]

 「山梨リニア実験センター」(山梨県都留市)で3日、リニア中央新幹線の報道向けの体験乗車会が開かれた。最高速度500キロのスピードと乗り心地を記者も体験した。

 実験線は同県上野原市笛吹市間の42・8キロ。乗車前にはJR東海の担当者が工事状況を説明。大井川の水量問題で着工に至っていない静岡工区について「この状態が続けば、開業に影響を及ぼしかねない懸念を持っている」と話した。

 説明が終わり、空港の搭乗口のような通路を通って5両編成の車内へ。左右に2列ずつ並ぶ座席の通路側に座った。発車から数十秒で「浮上走行に移ります」とのアナウンス。直後、車体がわずかに浮いた感覚があったが、揺れはほとんど感じなかった。

 1分38秒で時速約300キ…

この記事は有料記事です。残り404文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!