[PR]

 日本の真珠の6割を生産する愛媛、三重の両県で、真珠を育てるアコヤガイが大量死し、養殖業者に衝撃を与えている。三重県は海水温の上昇などの可能性を指摘するが、原因究明には至っていない。稚貝の被害が特に大きく、来年以降の真珠生産に打撃を及ぼしそうだ。

 「廃業する人が出ないか心配だ」。三重県志摩市にある立神真珠養殖漁協の鈴木孝夫参事は漏らす。

 真珠生産が国内3位の三重で被害が出始めたのは6月ごろだ。志摩市の英虞湾や周辺で、貝の内臓を包む外套膜(がいとうまく)が縮んで死ぬ「斃死(へいし)」が相次いだ。県水産研究所によると、通常は冬場に発生するが、夏場に大量に死ぬのは初めてという。

 7月には、養殖業者から研究所…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら